脂肪冷却はどこでも施術できるの?例えばあご下とかは?

脂肪冷却は部分的なサイズダウンが可能で、副作用や痛みなどのリスクが少ないため人気があります。
メリットが多い施術方法ではありますが、弱点もあります。
その一つが施術範囲の狭さです。

まずは脂肪冷却の施術方法についてです。
脂肪冷却は、脂肪を無くしたい箇所を冷却します。
水は0度で凍りますが、脂肪は4度で凍るため脂肪以外の細胞や体液などは凍ることなく体へのダメージはありません。
凍った脂肪は体内で不要なものとみなされ、体外へ排出されます。
そのため冷却を行った部位の脂肪がなくなっていきサイズダウンすることができるのです。

冷却をするといっても一部分だけなので、全身が凍えるようなことはなく眠ってしまう人もいるくらいリラックスして施術を受けることができます。
どのようにして施術箇所を冷却するかによって大きく2種類の方法があります。

●カップで吸引した脂肪を冷却する方法
脂肪を無くしたい箇所を専用のカップで吸引して、局所的にしっかり冷却します。
吸引した部分以外は冷却されないため、無くしたい脂肪にしっかり働きかけることができます。
吸引できる程度の脂肪量がないと施術ができないことがデメリットです。
脂肪が固いと吸引する時に痛みを感じることがあります。

●プレートで冷却する方法
板状の冷却装置を施術したい箇所に固定して冷却を行います。
脂肪が薄めの部位や、固めの脂肪にも冷却を行うことができます。
面で冷却するため、吸引する方式と比べて冷却時間を短くする必要があり施術効果がやや劣る可能性があります。
4つのプレートがあるため、同じ時間に同時に2箇所の施術が可能です。

吸引する方法の場合は、つかめるくらいの脂肪の厚さがないと施術ができないため、お腹やももなど施術できる箇所が限られます。
プレート式の場合は脂肪が比較的薄い部分でも施術ができるため、二の腕なども施術ができます。
それでもプレートのサイズが決まっているため、密着させられない部分(あご下やまぶたなど脂肪が薄くて凹凸がある部分)は施術ができません。

費用が高額で、痛みや施術後のケアなどある程度のリスクを理解したうえで選択する必要がありますが、脂肪吸引の場合は顔などを含む全身のほとんどの箇所の脂肪を無くすことが可能です。
個人的にはリスクの少ない脂肪冷却を試してみてから脂肪吸引をするかどうか検討したほうがいいのでは?と思っていますが、脂肪冷却では施術できない個所については脂肪吸引を検討する必要があります。
どちらの方法を選択するにしても、施術前のカウンセリングは納得するまでしっかり行うようにしましょう。

脂肪吸引と脂肪冷却それぞれいくらかかるの?料金比較!

脂肪吸引は手術であり、脂肪冷却は手術ではありませんが、部分的に脂肪をなくしたいと考えている人にとってはどちらの施術を受けたほうがいいか?比較したくなるものですよね。

比較する際、やっぱり気になるのが料金についてではないでしょうか?
そもそも、脂肪吸引や脂肪冷却は何回施術を受ける必要があり、トータルでいくらかかるものなのでしょう?

【施術回数】
どちらも共通して言えるのは、1度に行える施術箇所には制限があるということです。
つまりたった1日で全身の脂肪を無くすことはできないということです。
なので、施術回数は1部位ごとに必要な施術回数であるととらえておく必要があります。

●脂肪吸引・・・1回の施術で終了
●脂肪冷却・・・1回でも効果はみられるが、理想は3~5回の施術が効果的

【費用】
費用についても脂肪吸引、脂肪冷却ともに基本的には1部位ごとの費用となります。
●脂肪吸引・・・部位により料金が大きく異なる(例えばお腹なら20万~70万円、太ももの場合は前・後・外・内とパーツが分かれており1パーツごとに30万程度。別途麻酔代などがかかることが多いです。)
●脂肪冷却・・・最初の施術はどのエステサロンもお得なキャンペーンを行っており1万円以下で施術を受けられるところも多いですが、2回目以降は1部位ごとに2万円前後の費用が必要。)

もし脂肪吸引でお腹をスリムにしたいとしたら、必要な費用は20万~80万円程度です。
脂肪冷却の場合で4回施術を行うとしたら、必要な費用は1回目の施術がキャンペーンで7,000円だったとして、その後の費用は1回2万円×3回=6万円なので、最低でも合計6万7千円の費用が必要となります。
最低でもというのは、脂肪の状態によっては脂肪冷却以外の施術や、自宅でのケア用品が必要になることがあるためです。
脂肪が固いと脂肪冷却の施術が行いにくいため、まずは脂肪を柔らかくする施術をした方がより効果的に脂肪をなくすことができることもあり、カウンセリング内容によっては費用がもう少し膨らむ可能性もあります。

とはいえ、費用面では脂肪冷却の方が圧倒的にお値打ちです。
そして施術の痛みもほとんどありません。
では施術効果の確実性についてはどうでしょうか?
これについては脂肪吸引の方が圧倒的に効果がわかりやすいです。
施術した個所は必ず細くなります。
それに対して脂肪冷却はというと、効果が出るまでに1か月~4か月近くかかることもありますし、効果を感じられなかったという人もいるなど効果に個人差が出ることがあります。

脂肪冷却は痛みもなく、副作用の心配も少なく、施術当日からほぼいつも通りの生活ができるなどリスクが少ないですし、初回の費用はかなりお手頃ですので、脂肪吸引をする前にまずは脂肪冷却を試してみて、自分に合う施術かどうかを体験してみるのがおすすめです。

脂肪冷却って痛いの!?冷やして本当に大丈夫?

これまで痩身のためにエステに行ったことがある人や、行くことを検討したことがある人にとって
取りたい脂肪は『温める』施術が当たり前になっているのではないでしょうか?

それに対し『脂肪を冷却する』という施術はにわかに信じがたく、「本当に冷やして大丈夫なのだろうか?」と不安に感じる人も多いかもしれません。
しかし心配はいりません。
冷却するのは脂肪を取りたい部分だけですし、冷たいと感じるのも部分的なので全身が冷えて寒いとか辛いとかという体感はありません。
冷却しシャーベット状に凍った脂肪は、体内で不要な物としてみなされ徐々に体の外へ排出されます。
ここが脂肪冷却のすごいところです。
温める施術とは全く異なる発想なのです。

もう一つ心配なのは「痛くないか?」ではないでしょうか。
これまでエステに行ったことがある人は、マッサージや揉みだしが痛いと感じた人も多いと思います。
では脂肪冷却はどうなのでしょう?
ほとんどの人は「痛みはなかった」と話していますが、「痛くてたまらない」という人もいます。

【脂肪冷却が痛い理由】
脂肪冷却の施術が痛く感じる理由の多くは、施術箇所を吸引する必要があるためです。
吸引する部分のお肉が固いと、吸引する時に痛みを感じやすくなります。セルライトが多い部分も痛く感じやすいようです。
脂肪冷却を行う前に、エンダモロジーの施術を受けるなどしてお肉を柔らかくしておくと痛みが少なく、しっかりと吸引できるので効果も高まりやすいです。
または、吸引式の脂肪冷却ではなく、プレート式の脂肪冷却を試してみるのもいいかもしれません。

【プレート式とは?】

プレート式の脂肪冷却とは何でしょうか?
脂肪冷却の施術は、パッドで脂肪を吸引し、吸引した部分を冷却する施術が主流となっています。
この方法のメリットは、吸引した部分以外は冷却しないため、ピンポイントでしっかりと冷却を行うことができることです。
デメリットはしっかり吸引できないと施術効果が下がる可能性があることや、吸引できるほどの皮下脂肪が無いと施術できないことです。

これに対しプレート式の脂肪冷却は、大きなプレート状の冷却装置で施術部位を冷却するというものです。

メリットは吸引が難しい部分でもプレートさえ当てられれば施術が可能だということと、吸引しないため痛みが全くないことです。
デメリットは施術箇所全体を冷却するため、長時間冷却することができないことです。冷却時間が短い為、吸引方式に比べると施術効果が出にくい可能性があります。

施術したい部分がどこか?や痛みが気になるかどうか?などで自分に合う方法を選びたいですね。

脂肪冷却とは?どんな効果があるの?

部分痩せやセルライトを無くしたいと思っている人なら、「脂肪冷却」というものを聞いたことがあるのではないでしょうか?
痛みや副作用が多いイメージの脂肪吸引に比べ、痛みも副作用も少なく部分痩せが叶うとして注目されているのが脂肪冷却です。

【脂肪冷却のしくみ】
脂肪冷却は体重を減らすなどのダイエットとは異なります。
お腹や太ももなどサイズが気になる部分を細くするという、部分痩せというイメージです。

メスや注射は使用せず、カップで脂肪を吸引してその部分だけを冷却します。
水は0度で凍るのに対し、脂肪は4度で凍り始めるといいます。
ですから血管や細胞に負担なく脂肪だけに働きかけることが可能です。
凍ってシャーベット状になった脂肪は体にとって不要なものとみなされ、自然と代謝され体の外へ排出されます。
これによって冷却した部分がサイズダウンするというのです。

【脂肪冷却メリット】
部分痩せができる脂肪吸引と比較して、脂肪冷却の方が優れていることはどんなことがあるのでしょうか?
・麻酔や注射、メスを入れる必要がない
・痛みが少ない
・施術した当日から普通通りの生活ができる
・一度無くした脂肪は戻ることがない

【脂肪冷却デメリット】
リスクの少ない脂肪冷却ですが、デメリットも理解した上で施術を受けるかどうか選択したいものです。
・カップで吸引しながらの施術なので、ある程度皮下脂肪がある部分しか施術できない(あご下やまぶたなどはできない)
・脂肪が代謝され排出されるまでに3週間程度かかるため、効果の実感できるまでに1か月~4か月程度かかる。
・赤みや内出血が起こることがある
・お腹がゆるくなることがある
内出血やお腹がゆるくなることはそれほど激しいものではなく、時間の経過とともに和らいでいくのでそれほど心配する必要はありません。
最も大きなデメリットは効果が出るまでに時間がかかるということではないでしょうか?
これを理解したうえで施術を受けないと、不安になったりするので注意が必要です。

【脂肪冷却がおすすめの人】
痛みが少なく、施術後も普段通りの生活ができるというのが脂肪冷却の良さです。
・体重よりもスリムに見せたい
・部分痩せをしたい
・セルライトをなくしたい
こんな希望があるけれど、仕事や家庭の都合で何日も安静にしていることが難しいという人には脂肪冷却はおすすめと言えます。

【何回施術を受ける必要がある?】
脂肪冷却は1度施術をした脂肪は2度と素に戻らないため、リバウンドの少ない部分痩せ施術です。
1度の施術でも効果は実感できますが、1度の施術で無くすことができる脂肪は約20%と言われますので、しっかりサイズダウンをしたいのであれば数回通うことをおすすめします。
またセルライトが多い部分は効果が出るまでに時間がかかったり、複数回の施術が必要になることが多いです。
施術スタート前にしっかりとカウンセリングを受けておくと安心です。

【効果を高めるには?】
脂肪冷却は施術後、基本的に普段通りの生活ができますが、効果を高めるために注意したいことがあります。
・施術1時間前までには食事を済ませる
・施術後の食事は食べ過ぎや高カロリーに注意!(施術後は栄養の吸収が良い状態になっています。)
・施術後の運動や長湯・サウナ・岩盤浴は控える(せっかく冷却した脂肪が温まってしまうため。)

脂肪吸引の痛みってどのくらい?!

1度の施術で太りにくい体になるなら、一度は試したいと思うのが脂肪吸引です。

ただ、脂肪吸引は術後に「痛み」があります。

「2-3日痛むかもね」と軽く考えているあなた!

実は個人差はありますがおよそ2週間は痛みがとれないと考えてください。

2-3日は絶対安静の期間になります。

その為仕事をしている人は何日間仕事を休む必要があるのかを

術前のカウンセリングでしっかり話し合っておく必要があります。

また痛みに関しては脂肪吸引する部位や範囲によっても変わってきますので

体験談などを読んで「あ、3日間くらいは筋肉痛のような痛みなのね」と調べても

部位が違うことによって術後の痛みが激痛の場合もあります。

体験談などで情報を収集する場合は、部位や範囲も確認しておきましょう。

 

さて、こんなに痛みが強いなら脂肪吸引を諦めようかなと思ってしまいそうですが、

痛みを軽減する為に痛み止めが処方されたり、

痛みを和らげる方法をドクターやナースが教えてくれるので安心してください。

 

しっかりとアフターケアをすることで痛みや腫れを和らげたりすることができます。

接触などの外部からの痛みを和らげるのにはガードルを履いたり(部位によってはNGな部分もあるのでよくドクターに相談して下さいね。)

とにかくクッションを活用して衝撃を和らげると良いでしょう。

結構ツライといわれているのが「トイレ」です。

座ったりかがんだりするとおなかや太ももを脂肪吸引した人は特に痛みを感じるようです。

便座にスポンジを並べて座ったり、かがむ時にクッションをおなかに挟んだりと

色々な工夫をすることで衝撃を和らげ痛みを最小限に抑えることができます。

寝返りを打つだけでも痛みが出る場合がありますので、そういった場合も

クッションを敷き詰めたり、布団の下に一枚マットレスを敷いたりと

工夫すると良いでしょう。

 

マッサージなどで血行をよくするのも良いといわれていますが、

これも直接脂肪吸引した部分をマッサージするのはよくない場合もありますので、

細かなところでもその都度ドクターやナースに確認をしておこなうようにしましょう。

こういったことから、脂肪吸引の施術からアフターケアまで長く付き合うことになるので

クリニック選びは慎重におこなうことが必要なのです。

脂肪吸引の方法について

おなか回りや太もも二の腕など余分な脂肪の悩みは尽きないですよね。

一度ついてしまうとなかなか落ちないしつこい脂肪たち。

簡単に落とす方法として有名なのが脂肪吸引ですよね。

 

でも脂肪吸引ってどんな手術でどのくらいの時間がかかって

どのくらいの費用がかかるの?と気になる部分はたくさんあります。

ここでは脂肪吸引はどんな手術なのか・痛みはあるのかをまとめてみようと思います。

 

まず脂肪吸引の方法ですが、イメージ的には細い棒を差して脂肪を吸い取るというものが

多いと思いますが、実は部位や予算などで様々な方法が選べます。

代表的な4つをご紹介します。

 

『カニューレ吸引法』

皮膚に5ミリ程度の穴をあけ、そこにカニューレ(吸引器)を差込み

脂肪を吸引する方法です。

脂肪細胞を直接吸引するのでその後太りにくいからだになると言われています。

また部分的に痩せたい場合にも効果的です。

術後の傷口は小さく目立たないと人気ですが、

適切なアフターケアが大切になり、術後1週間前後は痛みが出ると言われています。

 

『超音波でおこなう脂肪吸引』

超音波による脂肪吸引には体内式と体外式の2つがあり、

体内式はカニューレそのものに超音波を発する機能がついており、

その超音波の振動で脂肪の細胞を吸引します。

術後の痛みが少ないと言われています。

 

対外式は、先に止血剤や鎮静剤の入った液を注入してから

直接超音波を当てて脂肪を柔らかくしてから吸引する方法です。

 

『ボディジェット』

水流の力で脂肪を分離しながら吸引する方法です。

先に脂肪を分離してからおこなうので、スムーズな吸引が可能となります。

痛みや内出血を最小限に抑えられ、脂肪吸引のムラが少なくなるので

よりなめらかで美しいボディへの仕上がりが期待できます。

 

『脂肪溶解注射』

「切らない脂肪吸引」のひとつで、脂肪を落としたい部分に脂肪を溶解・排出を促す薬剤を注射する方法です。

副作用が少なく安全と言われていることから人気があります。

ただ一回にできる範囲が限られているので何度か注射をおこなう必要があります。

施術後腫れや内出血がありますが1週間ほどでひくといわれています。

 

この他にも脂肪吸引の方法はたくさんあります。

脂肪をなくしたい部位や範囲によっても方法が決まりますので

安さ・手軽さだけを重視せず

しっかりカウンセリングをおこなって自分にあった脂肪吸引を選びましょう。